ととブロ

柴犬のかわいい画像やしつけ方、犬グッズの選び方、育児費用についてなど

犬用のかわいい エリザベスカラー (ソフトタイプ)をつけてみました〜

柴犬とと♂(3才11ヶ月)が、皮膚炎になりました。。(涙)
場所は、足の付け根、左手の付け根、口の周りです。

犬の皮膚炎は、外耳炎に次いで多くかかる症状のようです。
皮膚のかゆみが酷く、足で患部を掻いています。。

原因は、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、ノミダニ、カビなどの環境によるもの、自己免疫疾患...など様々なので原因を特定するためにアレルギー検査を受けることにしました。

結果が出るまでの期間、飼い主である私にできることは。。

  1. これ以上酷くならないようにする → 掻かないようにエリザベスカラーをつける。
  2. つらい症状を緩和させてあげる → かゆみ止めスプレー薬を処方してもらいました。
  3. 清潔にしてあげる → シャンプーの頻度を週1回にする(刺激が少ない手作りシャンプーで)
  4. ドックフードが合わないのかも。。 → 手作りご飯を与える。

今回は、1のエリザベスカラーについて詳しく書きます。
(2〜4についても次回以降書いていきます。)

エリザベスカラーを犬につける心構え

エリザベスカラーをつけると不自由ですし、優しい飼い主さんたちは「かわいそうで付けれない。。」って思われる方多いと思います。

実際、私も抵抗がありました。。

だけど、長年犬を何匹も飼っている「犬先輩」や先生方のお話を聞いて意識が変わりました。

飼い主さんが、申し訳ない気持ち「ごめんね。。痛いよね。。」って気持ちで犬と接すると、その気持ちが伝わって犬の方も「ああ。。何か嫌な事されているんだ。。」と不安になってしまいます。

なので、デザインが可愛いエリザベスカラーを選んで、
マイナスな気持ちではなく明るい気持ちで、「すご〜く似合ってるね〜。」って言ってあげる。

飼い主さんが喜んでいる顔をみると犬も嬉しくなるものです。
楽しみながらつけてあげる事が大事なのかなと。

かわいいデザインの犬用エリザベスカラー

そんなわけで、ドーナツのポン・デ・リングのようなエリザベスカラーを買ってみました〜。

つけてみると↓こんな感じです。

付けてみるとひまわりのような...ライオンのような雰囲気。。w

少し引きで見ると↓こんな感じです。

早速、「ととちゃん、カッコよくなったね〜。うん。男前!!」と撫でながら絶賛しました。

本当にかわいい♡
(親バカ全開!!)

すると。。。

この、まんざらでもないよって表情(笑)

散歩中はやはり目立つようで、毎回数人にお声がけいただき、とともアイドル気分でした〜(笑)

エリザベスカラーも慣れればそこまで不自由ではない

縦に長いタイプのエリザベスカラーだと、最初は物にぶつかったりつまづいたりしますが、2〜3日もすれば慣れます(順応する)。

ととも装着の時は嫌がって暴れてましたが、1時間しないうちに慣れ(諦め?)ましたw

時々外したくなるのか?首をブンブン振りますが、外れない事が分かると諦めて寝ますw

ソフトタイプ低反発ビーズなので、枕のようで寝やすいみたいです。

ちなみに、黒くなっているのは、散歩中に地面に落ちている物の臭いを嗅ごうと鼻を近づけた時にエリザベスカラーが地面に擦れた為です。。

洗えばある程度落ちるので問題無いと思います。

今回購入したエリザベスカラーは。。

犬用として購入しましたが、サイズを選べば、猫用としても使えるみたいです。

サイズはLを選びました。
(大きさの目安として、ととは体重10.5kgです。)

内側に紐がついていて、調整可能です。

このエリザベスカラーは高さが無いので、お水も問題なく飲めました。
(柴犬でととぐらいの大きさなら問題なかったです。)

エリザベスカラーについては以上になります。
次回以降、手作りご飯やお薬、アレルギー検査についてもレポートできたらと思います〜。